花 し ら べ
WHATS NEW
四季の花
今月の花
花色検索
誕生花・花言葉
ハーブ図鑑
花しらべ

ナンバンギセル・南蛮煙管

科属:ハマウツボ科ナンバンギセル属

ナンバンギセル(Aeginetia indica)はハマウツボ科ナンバンギセル属の寄生植物。日本を含むアジア東部、アジア南部の温帯から熱帯にかけて生育しています。
名前の由来は花の全体の姿がキセルに似ることから、南蛮渡来のキセルに見立てたもの。
万葉集にすでに思草(オモイグサ)の名で詠われていますので、古くから日本で親しまれていた植物だといえます。
山野に生える一年草の寄生植物。イネ科の単子葉植物(イネ、ススキ、サトウキビなど)の根に寄生する。寄主の根から吸収した栄養分に依存して生育するため、寄主の生長は阻害され、枯れてしまうこともある。
花期は7〜9月、茎のように見える高さ15〜20cmの直立した花柄の先に淡紅紫色の筒状の花を横向きにつける。花冠は唇形になり、長さ3〜3.5cmの筒状で先は浅く5裂し、花冠裂片の縁は全縁。萼は黄褐色で淡紅色のすじが入り、先端はとがり、下側はほとんど基部まで裂けています。葉は地上には出ない茎に鱗片状につくのみ。果実は卵球形のさく果。種子の大きさは0.04mm。
都立向島百花園と都立水元公園グリーンプラザ裏で観賞できますが、ススキなどの根に寄生する植物でよく観察しないと、見逃してしまいがちです。

科属:ハマウツボ科ナンバンギセル属
学名:Aeginetia indica
別名:オモイグサ(思草)
花期:7〜9月
園芸分類:一年草 
花の大きさ:3〜3.5cm 
草丈:15〜20cm 
花色:淡紅紫色 
草姿:立性
原産地:日本 
分布:北海道〜沖縄 
花言葉:物思い 
誕生花:9月22日
撮影:2013.08.27 水元公園 向島百花園 
カメラ:Canon EOS 60D
関連サイト花しらべ ハマウツボ科 ナで始まる植物

画像を壁紙にするには、画像の下の「1600×1200ピクセル」をマウスで右クリックして「名前をつけてリンク先を保存」をクリックして適当なホルダーに保存します。次にそのフォルダーの中のファイル名をクリックしてモニター画面に表示させて、画像を右クリックして「デスクトップの背景として設定」をクリックすると壁紙画像が表示されます。


1024×682ピクセル
1600×1200ピクセル

1024×682ピクセル
1600×1200ピクセル

1024×682ピクセル
1600×1200ピクセル
 

1024×682ピクセル
1600×1200ピクセル

1024×682ピクセル
1600×1200ピクセル

1024×682ピクセル
1600×1200ピクセル
 

1024×682ピクセル
1600×1200ピクセル

1024×682ピクセル
1600×1200ピクセル

1024×682ピクセル
1600×1200ピクセル
 

1024×682ピクセル
1600×1200ピクセル

1024×682ピクセル
1600×1200ピクセル

1024×682ピクセル
1600×1200ピクセル
 

関連参考サイト
花しらべTOP
ハマウツボ科
ヤセウツボ
ナで始まる植物

関連参考図書紹介





ご意見、ご感想等お聞かせください。またリンクしていただける場合もメールにてお知らせ下さい。
Thank you for your access to My homepage.
Please e-mail me your any comment on my works to
mailto:takashi.ehara@gmail.com
写真などの無断転載、利用を禁止します。
LINK FREE ! Copyrights of photos in my web pages are mine,
DO NOT COPY without my permission !
Copyright(C) 2001-2013.Takashi Ehara. All Rights Reserved.